フェラ好きな女子大生の神待ちを家に泊めてフェラ友にしています

MENU
RSS

 モテない気分と言うのは、それだけでも消極的な気分になってしまうものであり、今まで進んで女性と接してこようとすることがありませんでしたから、出会いを探すと言うことかよく分らなかったのです。
神待ちの女性と知り合うことが出来たら、宿泊させることもできるといった程度の知識しか食えなかった自分、さてどのようにして知り合えば良いものかと言うのが一番の問題でした。
専用掲示板があると言うことですが、検索をかけるといろいろと出てくるし、どれもこれも同じなのか?会うことができるとか出来ないと言ったことがあるのかどうかも判断ができませんでした。
掲示板を見ていくと「家出中です。助けて!」だとか「お腹すいちゃって困ってます」だとか「冷やかし無しでお願い」といった書き込みが沢山なされているのを見ることが出来ました。
これだけ助けを求めている相手がいるんだから、掲示板どれでも使えば大丈夫だろうという気持ちがありました。
一番新しい書き込みが「腹ペコ、ご飯だけご馳走して!」というものだったのですぐメールを出してみたのです。
新しいものだったからすぐに相手の女性から返信が届きました。
18歳のフリーターと名乗る人でメールの内容も食事を食べさせてくれと言ったものでした。
食事して会話を楽しむ、こうして女性に慣れて行こうという気持ちがあってすぐに相手に食べに連れて行くと言うことを伝えていきました。
待ち合わせ場所は彼女がいるという駅前、自分のバイトが終わる18時以降に、会うという事で決定していきました。
神待ちというのが初めての経験だし、日頃女性と食事をとると言うことがありませんから、かなりの緊張感を漂わせながら相手のいる駅まで向かっていったのです。
どんな事話せばいいか、どうやって接していけば良いか、そんなことが頭の中でグルグルと回っていました。

 

神待ちが集結する定番サイト登録無料
神待ちサイトランキング
自分好みの神待ち女性を掲示板で検索