フェラ好きな女子大生の神待ちを家に泊めてフェラ友にしています

MENU
RSS

 初めての神待ちの女性との待ち合わせ、結論から言えば、実際に会うことに成功したのです。
彼女は駅前で寒さをものともせずに待っていてくれました。
「こんにちはよろしく」
「こちらこそ、よろしくね!」
「あの、すぐいい?もうお腹が空いて倒れそうなんだ」
元気よく挨拶してきたから、倒れそうな雰囲気はなかったけれども、食事を食べさせてあげるという約束はしていますから、すぐレストランに移動することになりました。
デパートのレストラン街にある洋食レストランでハンバーグを食べることになったのです。
平日の夜という事でしたから、さほど混んでいないこともあり、すんなりと席に着くことが出来ました。
彼女と食事を食べながらいろいろと喋るんだろうな、そんなこと思っていたんですが、彼女どちらかといえば大人しくてあまり口を開いてくれませんでした。
お腹がすいているから仕方がないのかな?と思っていたのです。
食事が運ばれてきたらすぐにフォークとナイフを手に取りパクパクと食べ始めました。
美味しそうに食べると言うよりも、ガツガツと放り込んでいく、といった表現の方が正しいかもしれません。
とても勢いよく食事を食べている姿、やっぱり家出して腹ペコなんだなと思いました。
食べるのに夢中で会話なんか全くなくて、自分もそれにつられて食事を食べてきました。
女性と食事を食べること自体が殆どない自分にとってみると、こんなシチュエーションでも凄く気分が高揚していました。
年下の子と、向かい合わせで食事を取っているのですから、これからお喋りを楽しむのかと思うだけでも、とても美味しく食べていく事が出来たのです。

さすがに早い勢いで食べていた彼女が食べ終わって、一息ついていました。
「あっ、トイレに行きたくなっちゃった、ちょっと待っててね」
店の外にトイレがあるために彼女が店外へ出かけてきました。
戻ってくるまで食事をゆっくりと取っていたのですが、随分と時間がかかるのようでなかなか戻ってくる気配がありませんでした。
そして、結局彼女は戻らずじまいで消えてしまったのです。

 

神待ちが集結する定番サイト登録無料
神待ちサイトランキング
自分好みの神待ち女性を掲示板で検索